主婦やパートでもお金って借りれる?

お小遣い代わりや生活費の補填に、キャッシングサービスを利用したいと考える主婦の方はとても多くいらっしゃることでしょう。ただ、主婦でもキャッシングを契約できるのかと心配される方もまた、たくさんおられるようです。

 

まず結論からいうと、主婦の方でもキャッシングは利用できます。ただし、消費者金融のキャッシングを契約するには、ある程度の定収入を得ていることが条件となりますし、銀行系カードローンの場合は貸し出し上限額の制限が50万円ほどになることがほとんどです。

 

この両者について、少し詳しく見てみましょう。まず、消費者金融のキャッシングについてですが、消費者金融では貸金業法の規制があるため無収入の方の借り入れを不可としています。

 

ですので専業主婦の方は消費者金融のキャッシングを利用できません。

 

しかし、アルバイトやパートである程度の収入を得ているのであれば、主婦の方でも消費者金融のキャッシングを契約することができます。つまり、消費者金融にとっては、借り手が主婦かどうかということよりも、収入を得ているかどうかを重視して貸し出しを決定しているのです。

 

これが、銀行系カードローンになると事情が変わってきます。銀行系カードローンは消費者金融のように貸金業法の規制を受けないので、専業主婦でも契約可能です。

 

ただ、申し込みの際は配偶者の収入やステータスが審査の対象になるため、配偶者の職業や年収によっては審査落ちになる場合もあります。また、配偶者が定収入を得ていたとしても、カードを利用するのは収入のない専業主婦ということになるため、借入金額の上限は50万円までに制限されます。

 

このように、一定の条件はありますが、専業主婦が現金融資サービスを利用することは可能です。最近は女性向けの融資に特化したサービスもたくさん登場しており、主婦の方でもお金は借りやすくなっています。ただ、金利などは主婦であろうが会社員であろうが同じなので、借入の前にしっかり返済計画を立てておくことが肝要です。